• トップ /
  • 仕事に適したファッションルール

仕事の規定とファッション

仕事に適したファッションルール

仕事に適したファッションとは

仕事に適したファッション、と言っても答えはひとつではありません。勤務先の規定、職種や社風など、TPOをわきまえた服装を選ぶ必要があります。勤務中は制服だとしても、通勤時の服装があまりに個性や主張の強いものだったり、寝間着のようなルーズな服装では、社会人としての信用に関わる事もあります。スーツ着用、オフィスカジュアル、カジュアル、服装自由、などいろいろな表現が使われていますが、自分の認識と常識や勤務先との認識にズレが生じないように気をつけましょう。仕事場におけるファッションとは、働く事に支障がない事が大前提です。男性なら、屋外で肉体労働をするのにワイシャツにネクタイだったり、女性なら服装自由だからといって、キャミソールにショートパンツ姿で出勤してしまったら、規定違反ではなくてもマナー違反になります。仕事におけるファッションで個性を出したい場合は、規定内でもセンスのいいネクタイを選んだり、好きなブランドのカットソーを着てみたり、アイテムでおしゃれな物をチョイスしたり、プライベートとは違った楽しみ方をすると新しい発見もできるかもしれません。デザインだけでなく、どんな服装でもシワや汚れがなくきちんと清潔感を保つことも大事です。

↑PAGE TOP